2018年の最新のアフィリエイトの稼ぎ方と戦略の違いを図解します

MENU

アフィリエイトは集客からセールスまで稼ぎ方によって戦略が違って来るので図解します。

では今回の講義なのですが、アフィリエイトの稼ぎ方の違いと戦略をテーマにしたいと思います。ネットにはたくさんの情報があふれ、書くブロガーさん、アフィリエイターさん、プロのマーケッター、ホームページ制作業者がいろいろなことを言っているので、初心者の方は検索していると混乱すると思います。

 

ただ、アフィリエイトとうのは突き詰めると、買う気になった人を販売ページに人を集めるだけという極めてシンプルなものなのです。ここで重要なのは今の一言を二つに分けることです。

 

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

 

@ 人を集める→人を買う気にさせる→販売サイトへと誘導する

 

A 買う気になった人を集める→販売サイトへと誘導する

 

 

@よりAの方が簡単なように見えますが、そもそも人はいつの時間でも何かを買う気になっているわけではなく、人数として考えると@の方が当然多いのです。

 

@状態で成果が発生するのがクリック保証のアドセンスです。ただし、買う気がない人はクリック後に購入する人が少ないので、アドセンス単価は若干下がります。

 

さらに物販アフィリエイトとなると、買う気になった人に実際に商品を買ってもらわないと成果が発生しません。だから一段ハードルが上がります。その分報酬は高いというわけです。

 

アフィリエイトで重要なのはどの地点で課金があるかと言うこと。
つまりマネタイズの手法です。そこが分からないと自分の進むべき方向がブレてしまいます。全てをミックスできれば最高なのですが、ビジネスと言うのは今のポジションにおいて様々な戦略がありますよ?

 

 

  • PV報酬でマネタイズ・・・とにかくアクセスを上げることを至上命題とする。
  • PVとクリック報酬で稼ぐ・・・クリックされやすいキーワードとデザイン設定、アクセスの集まるキーワードを意識する
  • 成果報酬で稼ぐ・・・・薄利多売方式か、一点集中方式かを考えてキーワードと記事内容を考える

 

この辺は私はいつも意識してますよ!

 

 

 

クリック保証のアドセンスで稼ぐ方法と戦略について

では、続いてクリック保証のアドセンスで稼ぐ方法と戦略について図解していきます。とにかくアドセンスで稼ぐためにはなんとなく答えは決まっていないけれど、何かの悩み、または好奇心を満たすために検索している人を大量に集めることです。

 

人さえ集まれば収益化はどうにでもなる。極論を言ってしまえばそういうことになるわけですから、ひたすらアクセスを集めることだけに集中するというのが一つの手段です。

 

 

その手法の一つがトレンドアフィリエイトということになります。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

これはオリンピックやワールドカップなどが代表的ですが、その時々で話題になったネタを集めることによって、爆発的なアクセスを稼ぎ、そこに自動の表示のアドセンス広告を貼ることで、PV報酬とクリック報酬で稼いでしまおうという戦略です。

 

どんなタイトルで記事を書けば良いのか?というとこれは無料の多くの人無料のトレンドキーワードツールを紹介してくれているので、それを利用するのが一番早いです。

 

 

 

 

とにかく目立てば正義!アクセスさえ集まればこっちのもの。ということで「相手を釣る意外性のあるタイトル」で人目を引き、とにかく集客に全精力を傾けます。

 

昔からあった便乗商法のようなもので、旬の話題に食いつくわですが、ここで一つ問題が起こります。

 

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

@ 誰もが同じようなキーワードで記事を書く必要がある

A みんなの興味関心が自分の興味関心とつながらない
B 参加者が多く、毎日の記事更新が大変
C 差別化のために著作権を無視した写真動画を使わなければいけない

 

 

検索ボリュームが多い、「事故・離婚・熱愛」などのいわゆる芸能をはじめとするゴシップ記事を扱うのにみんな疲れてしまうんですね・・・。
アフィリエイトで稼ぐ体験はできるものの、詰まらない作業が続いて挫折と言う人が後を絶ちません。

 

 

また、同じタイトルで差別化をするために、釣りのキーワードだけではなく、コンテンツ内に著作権を無視した画像(引用の場合でも引っかかる場合が多い)を利用するために、グーグルアドセンスアカウントが停止というリスクが付きまとってしまいます。

 

 

 

 

動画アドセンスに主戦場が移るもののユーチューブが対応して稼ぎにくくなる

次にトレンドアフィリエイトの主戦場が、YouTubeにうつりました、グーグル上位の検索枠を争い、そこが飽和気味になったので、今度はコンテンツ作成に時間がかかるYouTubeにライバルが移動しました。

 

文章に比べ本来動画と言うのは作成に時間がかかり、その分トレンドについてく動画を個人が大量にアップロードするのは不可だと思われましたが、文章をコピペして動画として流すツールが登場したために、それが可能になりました。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,
【 いいね!の数は自作自演(ヤフオクやクラウドサービスでの購入)で水増しされている場合も多い】

 

しかし、動画検索者は本来動画を求めているのであり、文章を動画にしたものをみたいわけではありません。また、このようなコンテンツのほとんどが、著作権を無視した違法アップロード作品であるため、グーグルが対策をして、一定の再生回数がないYouTubeアカウントにアドセンスを掲載することを禁止してしまいました。

 

2018年現在はまだこのような動画がアップロードされている状況ですがグーグルの取り締まりの強化とAIの発展によりどんどんこのような動画アドセンスの手法は通じなくなってくるでしょう。

 

 

これらのアフィリエイト手法は成長の喜びもないし、社会的なステイタスもないそんな手法で稼いでいることを人に公言できずに、だんだん嫌になってしまうのです。

 

 

詰まらない作業ゲームは外注化し、実績をコンサルとして売るビジネスが流行する

そこで出てきたのはこの作業自体を外注化して、自分の手から切り離す方法です。アドセンスの売り上げ>外注費である限り、売り上げは伸び続けるので、2018年現在この手法は有効です。

 

ただし、これはジャンルによりますし、外注された側が法を犯した場合も自分に責任が返ってきますので、しっかりとした作業マニュアルを作って渡すなどの対応が必要です。

 

稼ぐためだけの不毛な行為、つまらない作業を1年、2年と続けるのは苦痛です。そしてトレンドアドセンスは作業スピードが差別化戦略のため、自分一人での売り上げに限界を迎えます。

 

そこで、出て来たのが外注化以外の戦略です。アドセンスで5万稼ぐ方法を10人に教えて、月収50万を手にいれるコンサルビジネスです。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

これはこれで良いのかもしれませんが、実際に本人は5万円が上限だっただけですので、コンサルを受けた人も大抵5万円しか稼げません。それ以上に稼ぐためには自分も教える側に回らなければいけないというスパイラルが繰り広げられています。

 

指導者として多少メンツは立つのかもしれませんが、人にゴシップ記事の書き方を教え続けるのが本当にまっとうな社会人のやることなのかどうか?私は常々疑問に思っています・・・・。

 

もちろん、それが好きで好きでたまらないというのなら良いですが、調子に乗っている頃が一番危なく、アドセンスはく奪と共に借金を抱える人生だけは歩んで欲しくないです。

 

将来性のあるアドセンスの稼ぎ方とは?

上記で紹介したアドセンスの手法は、主にPVを上げお金を手にすることだけを目的にした行為であり、欲望が先立つためにどうしても違法行為を犯しがちです、

 

ただ、本来アドンセンスと言うのは、読者と広告主が適切な商品をマッチングさせるところにあるのですから、しっかりと悩みや興味関心にこたえてあげるブログを作ることです。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

グーグルが提供している「キーワードプランナー」を使えばこのようにどんな検索キーワードにどれくらいの料金が支払われているのかを知ることができます。

 

 

アフィリエイト初心者の方は、このように広告主の出稿金額が表示されており、なおかつ競合性の低いキーワードを中心にまずは記事を書いて行くのが良いと思います。

商品広告に興味関心を持つ人を集める手法がサイトアフィリエイト

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

次に紹介する手法は、単なる興味関心ではなく、商品を買いたい人を広く集め、広告ページへと読者を誘導するサイトアフィリエイトという手法です。

 

これはネットの検索ボリューム全体からみると少数なのですが、買う気がある人がサイトに集まってきますので、利益に直結します。10アクセスにつき1つの商品が売れることがザラです。

 

アフィリエイトの広告単価も高く、たとえ商品がASPにない場合でもアドセンスの単価が非常に高いです。この戦略で重要なのはキーワード選定です。

 

以下にライバルを避け、成約率の高いキーワードを探すのか?
そこに稼ぎの肝があります。その手法はいくつかあるですが、基本的な考え方をお伝えします。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

商品名を中心に記事を書く場合は新着案件を狙う

まずはライバルがいない案件についてのレビュー記事を書くというのが一つの手段です。メーカーが競って新しい商品を開発していきますので、その商品名を中心に記事を書くということ。

 

メリットはライバルがいないので早めに成果が出やすいという点。デメリットは商品がいつまでもASPと提携しているわけではないので、上位表示されたころにリンク切れになってしまうこと。

 

そして高額案件に関しては、そのキーワードにライバルがひしめいていることです。

 

 

商品に近いところにいる人を想像して発見する

そこで出てくるのが「商品の近くにいる人を探す」という考え方です。例えばこの商品は「流さないトリートメント」であるというメリットがあるので・・・。

 

 

 

@ 流さないトリートメントというキーワードで集客する

 

A 流したくない人をキーワードで募集する

 

B よりトリートメントを浸透させたい、そうしないと髪がパサつく人を集客する

 

という考え方になります。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

こういうのは実は販売ページに沢山キーワードが眠っています。「枝毛が増える」「カラーリングで髪が痛む」「長時間のドライヤーで髪乾燥するなど、この商品がもたらす未来の姿、これをベネフィットというのですがそういうキーワードも含めて集客するのです。

 

このような考え方は集客の具体的な方法も1ページでは書ききれないので別のホームページにまとめてあります。

 

検索エンジンから集客を取らないアフィリエイトの手法もある

さて、ここまでのやり方は基本的に、検索エンジンからの集客の手法でした。トレンドキーワードに便乗したアドセンスでも、商標キーワードで集客をするサイトアフィリエイトでも、基本的にはライバルがいて、自分のサイトを上位に表示させるためには沢山の文章を書かなければいけません。

 

そんな時間がないという人ができる集客の手法ととしてSNSアフィリエイトという手法があります。

 

 

Facebook、Twitter、インスタグラムなどが主なSNSですが、これらの利用者の多くは購入意欲が低く、アクセスを集めてもその場でクレジットカードを切って商品を買ってくれるわけではありません。

 

その一般利用者に如何に購入意欲を持ってもらうのか?ここがSNSアフィリエイト戦略です。

 

 

購入意欲が薄くても売れる商品を紹介する

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

たまたまSNSを使っていただけなのに、そこで商品が欲しくなるケースと言うは、少ないのですが例外的に本能に直結するようなジャンルの場合は売れてしまいます

 

その代表格が「無料で登録するだけでお金がもらえる」というような案件、またはアダルトに代表されるような説明不要の恋愛ジャンル、何時も触れているスマホにインストールすだけで成果が発生するゲーム、音楽、ウェブ漫画などのアプリ案件などです。

 

ただ、こいう案件には怪しい広告主も多く存在します。特に「簡単に楽にお金が即儲かる」というようなあり得ない案件だけは注意してください。

 

 

一度メルマガやブログに訪問してもらい、納得してもらう

私が推奨しているのはこちらのやり方で、いきなりSNSから商品を売るのではなくて、SNSを通じて自分のブログの存在を知ってもらい、一度ブログを経由させて商品やサービスを紹介する方法です。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

私はこのような戦略を提唱しています。

 

集客をアマゾンや無料レポートスタンドにやってもらう戦略もある

その他情報商材に多いのが無料レポートスタンドやアマゾンを使った戦略です。Amazonという信頼を味方につけ、自分のブログコンテンツを電子書籍化して、集客しておき、電子書籍内に自分のブログのURLを貼ってメルマガに誘導するという戦法です。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

まだ電子書籍化のハードルが高いと感じている人が多いせいか、この手法はそこまではやっていませんが、集客だけを目的としな内容の薄い本がアマゾンに並ぶようになったら、YouTube同様何かしらの規制がかかると思います。

 

実際問題、アマゾンのアフィリエイト審査は年々厳しくなっており、今ではアドセンスよりも通りにくいという人もいるくらいです。

 

 

結局アフィリエイトは集客手段が多様化しており、それに合わせてセールスも変わっている

多くの皆さんが、アフィリエイトをやろうとして情報過多になり、混乱してしまうのは集客の手段が多様化してしまっているのが最大の原因です。

 

今まではホームページを作れる技術自体が珍しかったのですが、ブログの登場。ホームページ作成ソフトの登場、スマホの登場で、爆発的にブログの数が増えているのです。

 

そしてそれに合わせた形でさまざまな戦略が生まれました。

 

また、同時にグーグル以外のSNSサービスの登場が集客の手段を増やしました。フェイスブック、LINE、Twitter、インスタグラム、これらのサービスの収益源は広告です。

 

それぞれが持つ特性に合わせた集客から収益までの手法も増えているというわけです。ただ、利用者が増えているということはそれだけ市場も増えているということです。

 

アフィリエイト,図解,稼ぎ方,

 

数十年前までは手紙と言えば手書きでしたが、Eメールの登場で世の中の価値が変わったように、これからIT技術の発展に従ってみなさんの生活も激変していくと思います。

 

そういう激しい変なの時代において、集客からセールスまでの手法を身に着けるのにアフィリエイトは最適です。複雑に見えるものも整理整頓してみると意外とシンプルだったりします。

 

黙って見過ごしていても変化は訪れてしまいます。最近の仮想通貨ブームを見ても、お金その物の在り方、情報の在り方が変わっていくことの恐怖と期待がみなさんの中に高まっていることがうかがえます。

 

市場は爆発的に伸びていて、今ならまだまだ新規参入のチャンスは大きいです!是非とも勉強しながらチャンレンジしてください。